脱毛

VIO脱毛は本当に痛いの?どんな感じの痛みなの?

女性もデリケートゾーンのアンダーヘアをお手入れするのが当たり前になってきましたよね。
自己処理はめんどくさいから、脱毛に通いたいと思っている人も多いです。
でも、VIO脱毛するとなると気になるのが痛みで、自分は大丈夫かなと心配していませんか?
そこで、どんな感じの痛みなのかを紹介しましょう。

VIO脱毛が痛い理由

脱毛部位の中でも、一番傷みが強いのがVIOなんです。
脱毛というのは毛に含まれている黒いメラニンをターゲットにしています。
太くて濃い毛ほどメラニンが多いですから、痛みも強くなってしまうんですね。
さらに、デリケートゾーンは皮膚が薄いですから、敏感に痛みを感じてしまいます。
程度の差こそありますが、VIO脱毛は痛みを感じてしまいうんですね。

どんな感じの痛みなの?

痛みの感じ方は千差万別で、人によって全然違います。
輪ゴムでパチンと弾かれたような感じだとか、針でチクっと刺されたような感じなどと表現されることが多いですね。
脱毛機を照射した時に一瞬鋭い刺激のような痛みが走りますが、全然大丈夫な人もいれば我慢できないほど痛くいという人もいます。
毛量が減るにつれて痛みもどんどん弱くなりますから、痛みを感じるのは初回と2回目くらいまでですね。

痛みを和らげる方法とは

クリニックよりも脱毛サロンの方が痛みは何倍も弱いです。
自分が痛みに弱いなら、最初からクリニックではなく脱毛サロンを選ぶのがおすすめです。
脱毛効果重視でどうしてもクリニックで脱毛したいなら、麻酔を使ってもらうようにしましょう。
照射のレベルは調節してもらえますから、痛いのを我慢する必要はありません。
スタッフに痛いと言えばレベルを下げてもらえますから、我慢しないで伝えるのが大事ですね。

普段から肌の調子を整えておく

デリケートゾーンがしっかり保湿されているだけでも、痛みが弱くなってくれます。
普段あまりデリケートゾーンの肌のお手入れをしないという人でも、脱毛中だけでも保湿に気を使うようにすれば、痛みも感じにくくなりますね。
多少痛みがあっても脱毛後のお手入れいらずの肌を思い描いて、まずは脱毛に挑戦してみましょう。”